日本ソフトウェア科学会
第21回大会

開催案内・参加募集

日本ソフトウェア科学会第21回大会を,次の要領で開催致します. ふるってご参加ください. 大会は会員の研究発表の場です. 新しい研究成果を広く公開し,議論し,情報を交換する大切な機会です. 多くの方の参加を期待します.

日本ソフトウェア科学会大会は,1件30分というゆったりした発表時間を特徴 としており,参加者,発表者の双方から好評を得ています.また,特に優秀な 発表に対しては「高橋奨励賞」(故高橋秀俊先生にちなむ賞)が与えられます.

 [日時]  2004年9月15日(水)〜17日(金)
 [会場]  東京工業大学 大岡山キャンパス (交通宿泊案内は こちら
 [大会プログラム]   こちらです.
 [大会委員長]  佐々 政孝 (東京工業大学)
 [運営委員長]  権藤 克彦 (東京工業大学)
 [プログラム委員長]  湯淺 太一 (京都大学)
 [参加費]   一般会員: 8,000円, 一般非会員: 12,000円
  学生会員: 5,000円, 学生非会員: 7,000円
  (当日,会場受付でお支払い下さい.事前申込みは不要です.
 入会申込み中の方は会員の参加費で参加できます.)

【大会併設イベント】

【招待講演】


招待講演1

講演者: Gregor Kiczales 氏 (University of British Columbia)
題目:Aspect-oriented programming - the next step in evolution of expressiveness?
日時:2004年9月15日(水) 13:30 〜 15:00
概要:
AOP is based on a commitment above all to allowing programmers to express their design intent in clean modular form. This commitment is why AOP is able to modularize crosscutting concerns and improve program and design clarity. It is also why AOP is controversial - it runs afoul of existing precepts about modularity.

In this talk I will show that AOP represents the next turn of the wheel in expressiveness, and talk about both the promise and the controversy. I will show some of what is already being done with AOP, and will also outline some of the most promising areas for future research.

招待講演2

講演者: Jeff Kramer 氏 (Imperial College London)
題目:Abstraction - the Key to Software Engineering?
日時:2004年9月16日(木) 14:00 〜 15:30
概要:
Abstraction is a key skill for software engineers. It is essential during requirements engineering to elicit the critical aspects of the environment and required system while neglecting the unimportant. At design time, we need to articulate the software architecture and component functionalities which satisfy functional and non-functional requirements while avoiding unnecessary implementation constraints. Even at the implementation stage we use data abstraction and classes so as to generalize solutions.

However, my experience is that abstraction is extremely difficult to teach and learn. How should we go about teaching this skill? Indeed, is it teachable?

This talk discusses the difficulties and challenges in learning and using abstraction. In particular, we consider whether or not the standard engineering technique of model construction and analysis can help in this venture. The importance of having associated tool support is also considered.

【プログラム委員会】

委員長湯淺 太一(京都大学)
 鯵坂 恒夫(和歌山大学)
 井上 克郎(大阪大学)
 岩崎 英哉(電気通信大学)
 上田 和紀(早稲田大学)
 大沢 英一(公立はこだて未来大学)
 大須賀 昭彦(東芝)
 大堀 淳(北陸先端科学技術大学院大学)
 小川 瑞史(北陸先端科学技術大学院大学)
 奥乃 博(京都大学)
 落水 浩一郎(北陸先端科学技術大学院大学)
 小野 康一(日本アイビーエム)
 加藤 和彦(筑波大学)
 木下 佳樹(産業技術総合研究所)
 佐伯 元司(東京工業大学)
 柴山 悦哉(東京工業大学)
 高田 眞吾(慶應義塾大学)
 竹内 郁雄(電気通信大学)
 田中 二郎(筑波大学)
 玉井 哲雄(東京大学)
 千葉 滋(東京工業大学)
 富樫 敦(宮城大学)
 外山 芳人(東北大学)
 中島 秀之(公立はこだて未来大学)
 中島 震(国立情報学研究所)
 萩谷 昌己(東京大学)
 本位田 真一(国立情報学研究所)
 増原 英彦(東京大学)
 横尾 真(九州大学)